<< 2018. 04 123456789101112131415161718192021222324252627282930312018. 06 >>

プロフィール

ginnokokoro553

Author:ginnokokoro553
彫金アクセサリーを制作販売して
います。
心に残る1点を作りたいと日々奮闘中

2011年にわが家にやって来た雉猫
ミュウのことも描ています

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ポポ 



娘が10歳のころ、まだ目をあいて間もない子猫を拾って帰ったことがありましたネコ

近所のペットショップでみてもらったら20日くらい。

開いたばかりの目はブルーで片手に乗りました


しかし義父母は絶対反対むかっ仕方なく通っていた彫金教室の先生にお願いしました。


先生は大の犬猫好きでしたがお家には何匹もの犬猫がいたため、ちょうど猫を亡くして悲しんでいた教室の生徒さんを紹介してくれました。


たった2週間の子育てでしたが、ミルクを飲ませ離乳食もたべさせトイレも教えました。

アトリエへ連れて行き一人で帰宅したときは何とも言えず、悲しくて辛かったです。

もう情がうつっていたんです

その人がポポと名付けた子が1年たった頃に写真をくださいました



徒然草   ポポ 1才


少々ビビりさんらしく、子供が来たら飛んで逃げて押入れから出てこないの~~と言ってました

ミュウとそっくりでしょうはてなマーク胸が白くて4本とも白足袋をはいてるのだけが違うけど。


もう20年くらい昔のことですから、生きてる可能性は低いですね



そしてわたしが中学生まではいつも家に猫がいました。

なぜか茶虎ばかり。

入れ替わり、立ち替わり、いなくなったら次が来るという具合に3匹は飼ったかな。

オスばかりだったので、皆2~3年で遠征に出たまま居なくなってしまいました


最後に飼ったのがキジトラの女の子です


父がお腹をすかせて会社へ迷いこんで来たのを連れ帰りました

でもこの子は可哀そうなことにお産で死んでしまいました


40年も前、獣医さんなど見たことも無い時代。

具合が悪くとも猫をお医者へ連れていくなど考えられないことです。

あまりの悲しさに、それ以来わたしは猫を飼っていませんでした。


ミュウを見た時、やはりご縁があるんだと思いました

ふくが死んで、当分動物は飼えないと思っていた気持ちがくずれていきました


徒然草 遊ぶか、食べるか



徒然草



徒然草  寝てるか・・・・ぐぅぐぅ

猫缶にカリカリを混ぜて食べ、今日やっとお皿からミルクを飲みました。


体重は584gです


乳首を飲みこんだとき、相談したお医者さんからお腹の虫の検査を勧められたので

病院へ行ってきました。


結果は異常なし。















2011. 05. 24. (Tue) 20:37  [雑記コメント:6  トラックバック:0

コメント














6. Re:かわええ~~~♪  


>麦茶さん

ほほほ・・・すでに親バカで撮りまくっております。カメラもペット対応の機能があるので、撮り易いし、猫は鳥よりじっとしてるときが多いのでよけい枚数が増えます。

なんか感じますよね。黒猫が飼いたかったんですが、雉猫のほうが縁がありそうです(*^▽^*)
2011. 05. 25. (Wed) 20:47 銀のSIMA [編集]

5. Re:天使~  


>etsuさん

生き物はたいがい親まかせになりますわ
ダメと言われるはずです

子供の寝顔は人間も動物もまさに天使ですね~~
起きたらデビルマンよ(;^_^A
2011. 05. 25. (Wed) 20:40 銀のSIMA [編集]

4. Re:安心し切ってますね^^  


>ダイのおばちゃんさん

仔猫を拾うって、子供のころは誰でも一度は経験する切なく悲しい思い出ですね

ダイちゃん少し落ち着いたかな(-。-;)
2011. 05. 25. (Wed) 20:34 銀のSIMA [編集]

3. かわええ~~~♪  


親が飼ってたのと自分が世話して飼うのは
ぜんぜん思い入れが違いますよね('-^*)/

私も中学の時に親が茶トラを飼っていたのですが
♂猫のミーの避妊や怪我した時、母が獣医さんに
連れて行って(うちの近所には獣医がいた)
懸命に世話していた姿が忘れられません。

赤ちゃん猫ポポちゃんを世話できるなんて
大したもんです。
だから二代目ですね。しかもまたキジ猫!
縁があるんだ(ノ゚ο゚)ノ

すぐ大きくなるから、子猫時代の写真
一杯撮ってよ~♪

母が飼っていた猫も茶トラ、4年で行方不明。
私が飼っているナナも茶トラ、22歳。
縁を感じるな~( ´(ェ)`)
2011. 05. 25. (Wed) 10:42 麦茶 [編集]

2. 天使~  


この寝顔、たまりませんなぁ~~~!
天使だっ!
私も小さい頃、何回もネコや犬を拾ってきては怒られました。
母が動物嫌いだったのでね。
ウェーンって泣きながら玄関でUターン。
また捨てに行きました。
「ちゃんと世話するからー」って、絶対しなかったと思います・・・。えへへ。
2011. 05. 25. (Wed) 09:11 etsu [編集]

1. 安心し切ってますね^^  


私も今思うとあの時置いてやれば良かったなぁ~と思う仔が居ます。時々ダイに語りかけたりしてます~
今日のダイは食欲旺盛でしたが
ウンちゃんは止まったままなので治ってるかどうかはっきりしませんが明日は治療が受けられると良いんですが~
2011. 05. 24. (Tue) 22:06 ダイのおばちゃん [編集]

トラックバック