<< 2018. 06 123456789101112131415161718192021222324252627282930312018. 08 >>

プロフィール

ginnokokoro553

Author:ginnokokoro553
彫金アクセサリーを制作販売して
います。
心に残る1点を作りたいと日々奮闘中

2011年にわが家にやって来た雉猫
ミュウのことも描ています

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

最終日の朝 

今日は最終日
長かった催事も終わりの日です。
そこで定刻に御堂筋線に乗りましたが、難波を過ぎると
ぐっと人が減ります

いつも思うけど、地下鉄ってとても不思議な空間です
外はいつも真っ暗(地下だから当たり前)だから、時間も季節も天気も分らん

居眠りなんぞしようもんなら、ハッと目が覚めた時一瞬自分がどこに居るかさえ分らん時がある
なんせ年と共にどこでもいつでも眠れるようになってきたもんで・・・きっちり決めた時間で目が覚めて
とても便利

今朝も人がだんだん減っていくとなんだかいろんな考えが湧いてきて
ここで居眠りして目が覚めた時隣に「千と千尋の神隠し」のカオナシが座ってたら怖いな~~なんて
しょうむ無いこと思ってました

乗客があまりに少なくなって、時間も朝とか思えなくて千尋が電車に乗って行くあのシーンを思い出したんです


 
でも地下鉄ってそんな不思議な想像ができる空間ですよ~~~

空いてる時は。
満員のときはそんな考え浮かぶ余裕はまったく無いけど

2012. 02. 07. (Tue) 23:27  [雑記コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック