<< 2018. 06 123456789101112131415161718192021222324252627282930312018. 08 >>

プロフィール

ginnokokoro553

Author:ginnokokoro553
彫金アクセサリーを制作販売して
います。
心に残る1点を作りたいと日々奮闘中

2011年にわが家にやって来た雉猫
ミュウのことも描ています

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

京都「KATAGAMI」 

梅雨の晴れ間の日曜日、京都大ネコ展も終了しました
最後まで大盛況で、ギャラリーの扉を閉めるのが惜しいくらいでした

大勢のお客様、ご高覧 お買い上げありがとうございました
来年もまた開催していきたいです

わたしは搬出前に京都近代美術館へ

「KATAGAMI」
そのとおり型紙の展覧会でした
いつも何気なく見ていた着物や布の柄ですが、型紙でみるとまったく異なる印象でした

細かく精密ですばらしく、ただただ驚きの連続

わたしたちには日常の身の周りの物が、異国の人々にはすごい驚きだったんですね。



ピンクのは歌川広重の「ねこ」
今回の展覧会とは別に販売されていたのですが、前からほしかったデザインだったことと
ファイルはよく使うし、と言いわけして購入



展示作品は茶色の渋紙などの型紙そのままなので
千代紙などに印刷されたものをUPします

A-07.jpg

A-26.jpg

A-53.jpg

A-85.jpg

A-82.jpg

A-48.jpg

実物はもっと細かく、1㎜~数㎜単位の図柄が規則正しくびっしりと切り抜かれていて
じっと観ていると、目がくらくらチカチカしてきました

日本の浮世絵や他の工芸品が19世紀の西洋に与えた影響は、大きく取り上げられてきたけれど
こういった図柄はあまり有名にはならなかった。
しかし地味ではあっても、驚きをもって西欧諸国の文化へ取り入れられ根付いた。
と解説にありました

少数ではありましたが、打ち出しのお盆や七宝を取り入れたチョーカーなどもあり
とても勉強になった展覧会でした





2012. 07. 09. (Mon) 12:48  [雑記コメント:4  トラックバック:0

コメント














どこが~~ 

>TORAMIさん
またまた~~
そんな言いわけは効かないっすよ

でも人疲れはしますね~~わたしは短い時間だったからよかったけど

へへへ~~可愛い??可愛いでしょ
べたべたの親バカでございます~~~(^^;)

2012. 07. 10. (Tue) 22:12 SIMA [編集]

お世話になりました 

>etsuさんには
お世話になりました
いろいろ細かいことまでほんとうにありがとうございました!!

楽しかったですね~
今年はお客さまが充実してた、というのもおかしいかもしれんけど、きちんと見て頂けた方が多かったような気がします

毎年続けていきたいですね。協力しますので、何でも云うてください~~(^0^)/

渋紙切ったことあるんですか?
すごいなぁ~~いいなぁ~
も~~あまりの細かさにほんとクラクラしました
8/19まであるので、行ってみて
2012. 07. 10. (Tue) 22:01 SIMA [編集]

お疲れさんでした! 

最期の日が日曜日で一番盛り上がりますね。
私はちょっと人酔いして疲れますが。。
年なんでv-356
と、マイナス思考はやめてまた頑張りますe-271

トップ画像のミュウちゃん、おりぼん付けて可愛いなぁ。
2012. 07. 10. (Tue) 14:51 TORAMI [編集]

お疲れ様でしたー 

ホンマ、常設してもいいんちゃうかって感じのネコ展でしたね。
楽しかったです。

この展覧会は気になるところでした。
私もテキスタイルのお仕事だったので、文様大好き。
学校では、渋紙を切る「京唐紙」の講習も受けましたよ。
近代美術館のミュージアムショップも面白いですよねー。
隣の細身美術館のショップも楽しいです。
また一度行ってみてください。
2012. 07. 10. (Tue) 08:10 etsu [編集]

トラックバック